筆:ミヤタカズヒコ
家:http://m-atelier.jp/
別:http://kamakurahouse.jugem.jp/
■ご近所物件、完成〜
チのご近所のリノベーション工事が終わったよ。

まだ引き渡し前の竣工写真なので生活感がないけど、お気に入りの家具や照明、食器が入り、家族の生活がはじまると家の雰囲気は変わります。

生活の中で必然的に発生する傷や汚れも味になる家・・・。

そんなことをイメージしながら作った家なので、ドンドン使い倒してほしいですね。
完成時がいちばんキレイな家なんて、いい家とは言えないから。

まずは、おめでとうございます!+ ありがとうございました!
















posted by ミヤタカズヒコ | 22:01 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■今回はWEBマガジン!

ちらに我が家が掲載されてます。


マガジンハウスが企画運営しているWEBマガジン「100%LIFE」。

http://100life.jp/feature/15571/


 facebook 版はこちら。

https://www.facebook.com/100life.jp


興味のある方はポチッと覗いてみてください。



posted by ミヤタカズヒコ | 08:48 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■ミニマルデザイン

年、引き渡した新築物件・・・


施主渾身の手作りペンダントランプと板金屋渾身の特注レンジフード。
どちらもミニマルな感じが美しい・・・


装飾しない装飾・・・デザインってなんだ?





posted by ミヤタカズヒコ | 23:19 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■フランス製フィリップスランプ〜 
しぶりに我が家に新しいランプがやってきた。

ダイニングテーブルの上のでっかい工業系エナメルランプ。
お品は70年代フランスのPhilips社(フィリップス)製。

きっとどこかの工場で数十年間、使用されていたんでしょうね。
コンディションはまずまず。

シェードの直径は50cm、高さは60cm程度とかなりデカイです。






昨日まではジョージネルソンのバブルランプ(ハワードミラー社製)を地味に吊るしていたのでかなり雰囲気は変わりました。

一般的なエナメルランプと比べると少々値は張りますが、出処のしっかりしたモノは将来的にも値崩れしない。

あまり明るすぎると落ち着かないので、暗めのLEDを仕込んでいい雰囲気に・・・。

やっぱこんな感じがスキだなぁ・・・。
posted by ミヤタカズヒコ | 19:17 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■アレックス・モールトン
10年前に購入した Alex Moultonアレックス・モールトン)。

東京に住んでいた時、街乗り用に使ってました。
でも鎌倉に引越して、家族が増えて・・・ついつい自転車に乗る機会が減ってしまって・・・。
1年間軒下に放置、3年間納戸に放置・・・
ホントは自転車ツーリングも気持ちのいい環境なんだけどね。

というわけで、一念発起。(と言うほどのことではない)

鎌倉にあるプロショップでオーバーホールをかけました。
つまり分解+清掃。
劣化したパーツは交換して、不要なモノは排除して・・・グリスアップして研磨して。

2週間くらいのお預けで、生まれ変わって帰ってきました〜



やっぱ気持ちイイっすね、キレイなツールは。
ショップの人いわく・・・

「モールトンにははじめて乗りましたが、最高にいい自転車ですね」
「マニアがいるのも納得です」
「僕がいままで乗った中でも3本の指に入る乗り心地です」
「乗り換えなんか考えずに末永く乗り続けてくださいね」

・・・と絶賛してもらいました。(僕がほめられたわけではない)

なにがそんなにいいのか聞くと、走ってみるとフレームとサスペンションのバランスが非常にイイんだそうな。
正直言って僕はマニアでも何でもないのでそれを聞いても「???」って感じだったけど、まぁ、プロが言うんだからそうなんだろう。
素直にうれしかったですね。

気持ちとして、流行に左右されない上質なモノを長〜く使いたいタイプなんです。(家も車も服もなんでも)
そのほうが愛着持てるし、毎日楽しいしね。

もう使い捨ての時代は終わったのだ!


これからは心を入れ替えて、ドンドン活用して使い倒していこうと思った暑い夏の日でした。
posted by ミヤタカズヒコ | 16:28 | ■シュミ | comments(0) | trackbacks(0) |
■今年の夏は・・・
日暑いですねぇ。

でも今年は空気があまりムシッとしてない気がします。
まだ我が家のエアコンは一度も稼働してないし。
鎌倉特有のカビも発生してないし。
東京はどうなんだろうか?

一歩外に出ればめちゃめちゃ暑いから、犬の散歩なんかは夕暮れだけど、室内で仕事してる分には扇風機があればカラッと快適。
犬も気持ち良さそうにず〜っと昼寝。

こんな感じのカラッとした夏が続けば気持ちイイんだけど・・・そうもいかないよなぁ・・・。

昔から・・・湿気と徹夜はキライです。





posted by ミヤタカズヒコ | 22:36 | ■タ ジ | comments(0) | trackbacks(0) |
■ご近所物件着工〜
チから徒歩5分の場所に建つ木造戸建ての古屋リノベーション。

現場からの見晴らしはサイコーです!
鎌倉市内のJR徒歩圏内でこれだけの眺望を手に入れられる物件はそうはありません。
絶景ひとり占め・・・




クライアントはこちらの意見に耳を傾けつつも、自分たちの意見をしっかりと持っている若いご夫婦。
そんな人たちとの打合せ作業は、諸々のことが
スムーズに決まっていくのでとっても快適です。

そして引き渡しが終了すれば、そこからはご近所の友人としての付き合いが始まるわけで、言い換えれば手が抜けない・・・。
あ、もちろんいつも全力ですがね。

3ヵ月間、楽しむぞ〜


posted by ミヤタカズヒコ | 12:25 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■古民家復元

日の現地調査・・・。


いや〜いいモノ見せてもらいました。
昭和9年築、葉山の旧別荘地に建つ正真正銘の古民家。
施主の要望はリノベーションというよりは復元です。


これがいいご縁になりますように・・・


あ!今日、大安だっ!









posted by ミヤタカズヒコ | 19:03 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■グローエ広告で語る・・・
賛発売中のLiVESはキッチン特集。

その中にドイツのグローエの記事広告で「建築家は語る」という1ページコーナーがありまして・・・。

そこで取材を受けました。

へなちょこ建築家が「あのグローエ」について偉そうに語ってるよ〜。笑

目に留まった際にはチラッと立ち読みでも!


posted by ミヤタカズヒコ | 00:32 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■むずかしい問題だ・・・
日、実家に行きましてね・・・。

母「今度、便器を交換するの」
子「ふ〜ん、もう相当古いしね、少し臭うし・・・」
母「もう40年だからねぇ」
子「で、だれが工事すんの?」
母「近所の○○さん」
子「○○さんって大工でしょ?」
母「うん、でも自分でできるんだって」
子「ふ〜ん、いくらくらい?」
母「だいたい△△万円くらいだって」
子「ふ〜ん」

そこで会話はひと段落。

次になんて返したらいいのかわからなくなって・・・。
と言うのも、母が言った金額はかなり高額でして・・・。
ウチが請けたらその半値くらいでできちゃう感じ。

でもね・・・むずかしい問題ですよ、これは。

○○さんの家は3軒隣りの超ご近所だし、父母とは50年以上の長〜い付き合いだし。
僕も小さい頃はよく遊んでもらったとっても気さくなおっちゃんで・・・。
もう半分隠居して工務店は息子が継いで・・・て感じの人なわけですよ。

そこで一級建築士の息子としては
「高すぎるよ!そんなの断っちゃいな。知り合いの水道屋にやってもらうから」
と口元まで出かかったけど、言えなかったんですよねぇ・・・。

仮に僕の忠告通り○○さんへの依頼を断ったら、きっとその後の近所付き合いはギクシャクしちゃいますよね。
「○○さんの見積、高いわよ!」
なんて平気で言っちゃいそうな母だし・・・。

でも・・・年金と仕送りで暮らしてる父母としては、どうしても○○さんに仕事をしてもらいたかったわけではなく、安いに越したことはないわけで・・・。
でも・・・知らないほうがいいこともあると思うし・・・。
でも・・・金額の内訳を後から聞かされてもだれもハッピーにはならないし・・・。

「これ高いよ、って言ってあげな」

という意見もあったけど僕は反対。
そんなことを聞かされてもみんながイヤな気分になるだけ。
親の世代はコストだけじゃないんです。

今の結論としては知人がくれたアドバイスが最も説得力がありました。

年老いた親の購買は詐欺でもない限り、大目にみておくのがいい。
自分が子供の時に、大目にみてもらっていたように・・・


何て言えば正解だったのかまだわからないけど、下町風情の残った古い町で長いこと暮らしていると、いろんなことがあるわけですよ、きっと。

まぁ結果として、それ以上突っ込んだ話はしないで帰りましたとさ。

めでたし、めでたし。


画像は過去に作ったトイレたち。
キレイなだけじゃなく、安くカッコよく作ってあげましょう!
気持ちのいいトイレだと、出もいいぞ〜





posted by ミヤタカズヒコ | 22:34 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site