筆:ミヤタカズヒコ
家:http://m-atelier.jp/
別:http://kamakurahouse.jugem.jp/
■Osvaldo Borsani(ボルサーニ) P40
日我が家にやって来たborsani P40のディテールを少々。













いいでしょ?
可動部もすべて問題なし。
ミントコンディション!

これ、日本に何脚あるのかなぁ・・・。
ちなみに友人も1脚持ってます。
真っ先に劣化するのが樹脂製のアームレスト。
ここに経年劣化でヒビが入って割れてしまう。
クリーム塗って保護してあげよう。

私が生まれる前のイス。
60年前のイタリアのイス。
いいモノは受け継がれていくのだ!!

ちなみにこれはセカンドモデルです。
posted by ミヤタカズヒコ | 11:55 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■北鎌倉木造古家リノベーション 完成〜
50年(たぶん)、ご近所物件リノベーション完成〜。

この状態で引き渡し。

あとは障子を入れたり造作棚を入れたり。
家に限っては「これで完成」なんてありません。
ドシドシいじり倒してほしいもんです。


工事費を抑えるためにムダな装飾をなくした結果、イイ感じにまとまったと思います。
決して贅沢ではないけどオモシロイ家・・・ありそうでなさそうな家になったと自画自賛。



白壁と古材、これくらいのコントラストがあったほうが古家の味が引き立ってオモシロイ。

「暑さ寒さは二の次です。とにかく楽しい家がイイ!」
なんて言ってくれるクライアントが
大スキ。
とは言っても土間コンクリート打って、断熱材はギュッと詰めてます。
天井張って体積減らした空調効率のいい普通の家と、丸太梁と野地板むき出しの解放感・・・どっちを選びますか?って話。



気密性?遮音性?
最善は尽くすけど、プライオリティは低いかな?笑
あ、そうは言っても耐震性は重視しますよ。

そこは大事!



内覧の時、土足のままで腐った畳の上を歩いたボロ家。
仲介業者は
「え!こんな家、直るんですか?!建て替えるのかと思ってました」
なんて言ってたっけ。

あの頃が懐かしいわ〜(↓現調時の写真)


posted by ミヤタカズヒコ | 10:39 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■日曜日の仕事と工作
都高が空いてると日曜日の現場でもちょっと気持ちイイ

おまけにこんなに空がキレイだと車内はひとりカラオケ状態・・・。




で、帰宅して出迎えてくれたのは、5才の息子作 「戦車」。

たいへんよくできました!

よく見るとサイドに日の丸がついてる。


posted by ミヤタカズヒコ | 23:15 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■OSVALDO BORSANI(オズワルド・ボルサーニ)P40
つかは手に入れたかった大スキなイス。

OSVALDO BORSANI(オズワルド・ボルサーニ)デザインのラウンジチェア P40 が我が家にやってきた。



60年以上前のイタリアのイス。

これ、日本ではほとんど手に入りません。
ボロボロの状態のモノを購入して分解。
で、ピカイチの腕を持つ職人さんにウレタンからファブリックまですべて一新してもらいました。



仕事をガンバってきたごほうびだったり、これからもガンバろうという決意だったり。

問題はスペースがなくなってきたことだ・・・。
我が家のイスのどれか1脚、売却しよっと。




ちなみにボルサーニのデザインで L77 というのがありまして。
こんなやつ。



どう?
カッコよすぎでしょ!
オリジナルはこの上にレザーマットが乗るようですが、断然このままのほうがイイ!


まぁ、ほとんど入手は不可能だし、仮に売っていたとしても想像を絶するプライスが付いてます。

いずれにしてもアートピース・・・
posted by ミヤタカズヒコ | 00:26 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■リノベーションラッシュ!!!
週から始まった北鎌倉の古家改修。

 解体してみてわかったこと・・・ 

耐震壁も断熱材もまったく入ってない。 

由緒正しい家なんだけどね。 
50年前ともなるとそんなもんかな?

解体が終わったら予算と構造をもう少し詰めてからの本着工!
楽しみだ!!




、次は年明け早々からこんな家を再生します。 

30年前に大工の親子が建てた大工の親子の家。 

しっかりしてないわけがない。 

最小限の補強で十分です。 
つまりいい家は安く再生できる。 

唯一の問題は・・・現場が遠いこと。 

がんばれー自分!




、次はこちら。

こちらも1月着工の古民家。
4世代が住み継いだ家。
築70年!!
 
今日の打ち合わせで施主の意向と僕の好みが合致した。 

2016年、順調な滑り出しだ!


posted by ミヤタカズヒコ | 11:40 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■仕事は正直に。
僕「これ安いっすね!なんで?」
店「安く仕入れられたから安いプライス付けてます」 

なんて言われるとそれだけでその人とそのショップがスキになる。
正直に仕事してるなぁ・・・と。
普通に考えれば安く仕入れられても相場でプライス付ければそれだけ儲かるのにね。 



僕の仕事も同じ。
「この人のためならガンバったるか!」 と思わせるクライアントたちがいる。
同じように正直で僕のことを全面的に信頼してくれる人たち。
そんな時は多少無理しても予算内に押し込んじゃう。 

ビジネスとはいえ所詮、個人対個人のはなし。
そんなモンです。
相手次第です。



posted by ミヤタカズヒコ | 09:52 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■またまた現調ラッシュ!
日の現調@さいたま。
 
片道2時間・・・。
ってことは往復4時間・・・。
 
大丈夫か? 

3部屋ドーンとぶち抜いて長くてデッカイLDKにしちゃいます! 
おまけにサンルーム付。 

お楽しみ〜。



先日の現調@大磯 

アトリエ兼住居として・・・。 

他にもっとオモシロ物件ありそうかな? 
知り合いの仲介業者さんにも相談してみよっと。

こういった特殊物件、ありそうでないのよねぇ・・・。


posted by ミヤタカズヒコ | 00:47 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
■神奈川県立近代美術館(通称カマキン)
マキン(県立近代美術館)最後の展覧会開催中。 

2016年1月末で終わりだよ。

まだ知らない人、多いみたいですが、神奈川県と鶴岡八幡宮とで結ばれている借地契約期間の満了により来年1月でカマキンは閉館します。

じつに残念。

日本最古の近代美術館だよ。
その上、世界で3番目に古い近代美術館だよ。
そんなことで閉館??

借地契約の内容通りなら期限満了時には更地に戻して返却、となっているとか・・・。
おいおい、と思ったけど、さすがにそれは阻止されたみたい。

当たり前です。
各界から猛反対が起きました。
そんな理由でこの名建築を解体できるわけがない。
で、今後は耐震補強して文化施設として再起するらしいです。

だったらこのまま近代美術館じゃダメなの?って誰もが思うはずなんだけど・・・。

posted by ミヤタカズヒコ | 00:45 | ■タ ジ | comments(0) | trackbacks(0) |
■ヘビーデューティなツールがスキ
つも使ってる鞄たちを撮ってみた。

いい年したおっさんのモノたちとはとても思えない・・・。 

冬山用、夏山用、犬散歩用、現場用、打合せ用・・・
って気持ち的には仕分けてるんだけど、たいした違いはないなぁ。 

いいのかこれで?



基本的にはヘビーデューティなツールがスキ。

繊細なモノは苦手。
ガシガシ使い込んでいい味出して・・・
購入時より10年後のほうがカッコいいモノたちがスキ。
実際、ウチにあるバッグの中には20年間現役でガンバってるモノもあります。

あっ!家と同じだ!!笑
posted by ミヤタカズヒコ | 00:04 | ■シュミ | comments(0) | trackbacks(0) |
■古アパートリノベーション@西新宿 引き渡し〜
50年木造ボロアパート@西新宿の再生完了〜。 



どうにもならない廃墟みたいなアパートをシェアオフィスにコンバージョン。 

外観だけじゃないよ。
耐震補強、断熱、遮音等々対処済み。 
全館空調、オートドア、無線LAN完備。
内装の雰囲気は古風なオリジナルの部分と攻めてるハードな部分を融合。



特にリノベーションは考える人より作る人のほうが数段大変だと思う。 
そして考える人のほうが作る人より数段偉いということは絶対にない。 

だから現場はオモシロイ。

そして改めて思うのは、設計やって、お金合わせて、現場見て、引き渡して・・・
という毎度一連の作業・・・

何度やっても快感ですな〜。

ちなみにこちらが↓オリジナル・・・。



スゴイでしょ。笑

posted by ミヤタカズヒコ | 22:45 | ■シゴト | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site